職業実践専門課程

文部科学大臣より認定
職業実践専門課程
北海道ドレスメーカー学院ファッション総合学科は職業実践専門課程に認定されています

                      職業実践専門課程とは

専門学校における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的に、より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組む専門学校を、文部科学大臣が認定し、奨励する制度です。

認定されるためには、その業界の最前線で活躍する企業・現役のプロフェッショナルと連携し、実践的な専門教育や職業教育を受けられる学科でなくてはなりません。

また、就職率や退学率などの情報公表や、学校関係者評価の実施・公表なども認定要件となっています。

認定要件

  •  修業年限が2年以上であること
  •  企業等と連携体制を確保して、授業科目等の教育課程を編成していること
  •  企業等と連携して、実習、実技、演習の授業を行っていること
  •  総授業時間数が1700時間以上または総単位数が62単位以上であること
  •  企業等と連携して、教員に対し、実務に関する研修を組織的に実施していること
  •  企業等も参画して、保護者など学校関係者による評価の実施・公表を行っていること


           職業実践専門課程としての、北海道ドレスメーカー学院のこれから


■ ファッション分野で、より実践的で専門的な職業教育を展開します。

■ 継続的に職業教育の質の向上につとめます。 

■ 企業や社会のニーズに応え、一人ひとりの学生に最適な教育を考えていきます。